GMOとくとくBB WiMAX2+は速度制限が厳しい?解除も不可能?

GMOとくとくBB WiMAX2+は速度制限が厳しい?

 

GMOとくとくBBのWiMAX2+では速度制限というものがあります。

 

特に動画を観る人にとっては、この速度制限は気になる部分ですよね。

 

  • どれくらいで速度制限がかかるんだろう?
  • 速度制限がかかったらどれくらい遅いの?
  • 解除方法はないの?

 

このようにいろいろ疑問に思うことがあると思います。

 

そして、できることなら速度制限にかからず快適にインターネットを使いですよね。

 

今回は速度制限について気になっているあなたのために、具体的な速度制限の内容について詳しく解説していきます。

 

今回の記事を読むことで、速度制限に対する疑問や不安もきっと解消しますよ!

 

ぜひ最後まで読み進めてみてください。

 

これから解説するWiMAX2+の速度制限の内容は、GMOとくとくBB以外でWiMAX2+を扱う業者にも共通の内容です。

 

GMOとくとくBBだから制限が厳しくなるということもないので、その点は安心してくださいね。

 

 

 

 

GMOとくとくBB WiMAX2+の速度制限は3種類

 

実は速度制限と一言で言っても、GMOとくとくBB WiMAX2+の速度制限には3つの種類があります。

 

  • ギガ放題プランで3日間で10GB使った場合の速度制限
  • 通常プラン(7GB)で月に7GB使った場合の速度制限
  • au 4G LTE回線を利用し、月に7GB使った場合の速度制限

 

ではそれぞれどのような内容なのかを見ていきましょう。

 

 

①ギガ放題プランで3日間で10GB使った場合の速度制限

1つ目がギガ放題での速度制限です。内容としてはこちら。

 

  • 直近3日間の通信量合計が10GBを超えた場合に1Mbpsの速度制限がかかる
  • 速度制限の時間帯は10GBを超えた翌日18時~翌々日2時の8時間

 

以前のWiMAX2+では「3日間で3GB」という制限がありましたが、それも大幅に改善されて2017年2月2日からは「3日間で10GB」に変更されました。

 

ちなみにここで気になるのが、

 

  • 10GBってどれくらいで到達するの?
  • 1Mbpsってどれくらい遅いの?

 

などの内容だと思います。これらについて見ていきましょう。

 

 

10GBってどれくらいで到達する?

 

GMOとくとくBB公式でも10GBについて動画解説しています。

 

 

では、より具体的に10GBの目安を見てみましょう。

 

10GBの目安
スマホ パソコン
ウェブ閲覧 30,000回 4,000回
テキストメール(500文字) 65万通 30万通
YouTube 超高画質 7時間
高画質(HD) 13時間
標準画質(SD) 47時間
低画質 83時間

 

普通にインターネットを使っている分には10GBに到達することもないですが、注意したいのはやはり動画の視聴ですね。

 

特に画質を高めての動画視聴はすぐに10GBに到達してしまいます。

 

YouTubeなら高画質(HD)でも十分きれいに観られるので、わざわざ超高画質にする必要もないでしょう。

 

ちなみに他の動画配信サービスになると、10GBの目安も変わってくるので注意してください。

 

動画配信サービス 最高画質での10GB到達の目安時間
Amazonプライムビデオ 2時間
Hulu 24時間
Netflix HD:4時間、UHD:2時間
U-NEXT 5時間

 

このように動画配信サービスによって10GBに到達する時間は変わってきますので注意しましょう!

 

特にAmazonプライムビデオなんかは、最高画質で観ると2時間で10GBに到達してしまうので要注意ですね…

 

 

1Mbpsってどれくらい遅い?

 

次に速度制限がかかった場合の1Mbpsがどれくらい遅いのかについてですが、以下に1Mbpsでできることをまとめてみました。

 

1Mbpsでできること
YouTube


標準画質なら視聴可能

ウェブ閲覧
メール、LINEなど

 

実は1Mbpsと言っても、通常のインターネットなら問題なく利用できるんですね。

 

もちろん高画質な動画を観るなら話は別ですが、1Mbpsの速度制限がかかっても基本的にはストレスなくネットは利用できるでしょう。

 

それに速度制限の時間帯は10GBを超えた翌日18時~翌々日2時の8時間のみです。

 

速度制限はあってないようなものと考えてもらって構いません。

 

 

②通常プラン(7GB)で月に7GB使った場合の速度制限

次に通常プランでの速度制限について解説します。速度制限の内容はこちら。

 

  • 月の通信量合計が7GBを超えたら128kbpsの速度制限が月末までかかる

 

通常プランの速度制限はかなり厳しいです。もはやインターネットはまともにできないレベルと言えます。

 

 

128kbpsってどれくらい遅い?

 

128kbpsはどれくらい遅いのか?ということで、128kbpsでできることを見てみましょう。

 

128kbpsでできること
YouTube
ウェブ閲覧


表示までに数十秒

メール、LINEなど

 

もはや快適に使えるのはメールやLINEくらいしかありません。

 

 

7GBってどれくらいで到達する?

 

10GBの時と同じように、ここでも7GBの目安を見てみましょう。

 

7GBの目安
スマホ パソコン
ウェブ閲覧 21,000回 2,800回
テキストメール(500文字) 46万通 21万通
YouTube 超高画質 5時間
高画質(HD) 9時間
標準画質(SD) 33時間
低画質 58時間

 

やはり注意したいのは動画の視聴ですね。

 

YouTubeの超高画質ならあっという間に7GBに到達しますし、画質を落としたとしても7GBには早く到達してしまいます。

 

なので、動画を観られる方はギガ放題を選んだ方がいいでしょう。

 

 

ただ、通常プランは料金が魅力的!

 

通常プランはどうしても速度制限が心配なんですが、それでも使う人によっては料金が安くて魅力的です。

 

2年契約(キャッシュバックあり)の料金比較
通常プラン ギガ放題
端末発送月 3,609円の日割
1~2ヶ月目 3,609円
3~24ヶ月目 3,609円 4,263円
月平均 3,729円 4,305円

※税抜料金

 

月平均では通常プランの方が600円ほど安い計算です。年間だと7,000円以上は違ってくるので、意外に大きな額ですよね。

 

ギガ放題プランと通常プランの料金の違いについてはこちら

 

ちなみに私自身もギガ放題ではなく通常プランを選んでいます。

 

というのも家では基本的に光回線を使っていて、WiMAXを使う必要がないからなんですね。

 

WiMAXを使う時と言えば外出時くらいなので、私の場合は通常プランでも問題ありません。

 

もちろん通常プランにするかギガ放題にするかはあなたのライフスタイル次第になります。ただ、もし私と同じように

 

  • 家では光回線を使っている
  • WiMAXはたまに外で使うくらい

 

というのであれば、通常プランを申し込んでも問題ないでしょう。

 

ちなみに通常プランを申し込んでも、ギガ放題へは契約解除料もかからずいつでも変更できるので、その点は安心してくださいね。

 

料金プランの変更についてはこちら

 

 

③au 4G LTE回線を利用し、月に7GB使った場合の速度制限

次に3つ目の速度制限がauの4G LTE回線を利用した場合の速度制限です。内容はこちら。

 

  • auの4G LTE回線を利用した場合、4G LTEとWiMAX2+の合計通信量が7GBを超えると、月末まで128kbpsの速度制限がかかる

 

この4G LTE回線を利用する通信方法は、いわゆるハイスピードプラスエリアモードと呼ばれています。

 

ハイスピードプラスエリアモードとは?

山間部や地下施設など、WiMAX2+の電波が届かないエリアでauの4G LTE回線を利用することで、インターネットが利用できる通信モードのこと。

 

ハイスピードプラスエリアモードを利用した月のみ1,005円の追加料金がかかります。

 

参考記事:GMOとくとくBBのハイスピードプラスエリアモードって…実は不要?

 

ハイスピードプラスエリアモードを利用した月の通信量合計が7GBを超えた時も、128kbpsという超低速になってしまうんです。

 

先ほども言ったように128kbpsではまともにインターネットができません。

 

また、このハイスピードプラスエリアモードには他にも以下のような注意点があります。

 

  • ギガ放題であっても、ハイスピードプラスエリアモードを利用した瞬間、通信量の上限が7GBになる
  • 7GBの上限は4G LTEとWiMAX2+の合計通信量

 

このようにハイスピードプラスエリアモードを利用してしまうと、ギガ放題であっても通信量に上限が設けられてしまうんです。

 

ただ、このハイスピードプラスエリアモードは切り替え制の通信モードとなっており、自分で通信モードを切り替えない限りは使用することはありません。

 

なのでWiMAX2+のエリア外で、自分の意志でハイスピードプラスエリアモードに切り替えた場合のみ、この速度制限には注意してください!

 

 

 

GMOとくとくBB WiMAX2+で速度制限は解除できない

 

ちなみにこれまで解説してきた3つの速度制限はいずれも解除することができません。

 

速度制限がかかったら、決められた期間解除されるまで待つしかないんです。

 

速度制限期間
  • ギガ放題 … 直近3日間で10GBを超えた翌日18時~翌々日2時
  • 通常プラン … 月末まで
  • au 4G LTE … 月末まで

 

残念ながらケータイのように通信量を買い足すなんてことはできません。

 

速度制限がかからないよう注意しながら使うようにしましょう!

 

 

 

GMOとくとくBB WiMAX2+で速度制限を回避する方法

 

ここでは速度制限を回避するための案として、以下の2つを解説していきます。

 

  • 通信量を常に確認できるように設定する
  • 固定回線を利用する

 

ではそれぞれ見ていきましょう。

 

 

速度制限の回避案①:通信量を常に確認できるように設定する

今現在、WiMAXでどれくらいの通信量を使っているかを常に確認できるように設定ができます。

 

設定方法はお使いの機種によって異なりますので、順番に説明していきます。

 

 

W03・W04・W05での通信量の確認方法

 

W03・W04・W05の機種であれば、WiMAXの端末で設定ができます。

 

 

まずは「通信量カウンター」をクリック。

 

 

データ設定で「設定(1ヶ月)」と「設定(3日)」という項目があります。

 

ギガ放題の人は設定(3日)、通常プランの人は設定(1ヶ月)をクリックしましょう。

 

 

「最大データ通信量」という項目がありますので、この枠内の数字部分をクリック。

 

 

ここで通信量の上限を設定します。

 

  • ギガ放題なら3日間で10GBなので「10」
  • 通常プランなら1ヶ月で7GBなので「7」

 

といった感じですね。

 

 

設定が完了するとこのように通信量を確認することができます。

 

 

WX02・WX03での通信量の確認方法

 

WX02・WX03については私は持っていないので、申し訳ないんですが概要だけまとめます。

 

  1. パソコンとWiMAX端末を接続し、インターネットで「http://192.168.179.1/」に接続
  2. メニューにある「詳細設定TOPへ」をクリック
  3. IDとパスワードを入力してログイン
  4. メニューの「ネットワーク設定」→「通信量カウンター」をクリック
  5. 「日次通信量」にある「上限値(3日間)」に10(GB)を入力し「設定」をクリック
  6. 「保存」をクリック

 

詳しい設定方法はこちらのサイトで解説していますので、気になる方はご覧になってください。

 

 

速度制限の回避案②:固定回線を利用する

WiMAXの通信量を抑えるために、自宅にいる時は固定回線を利用するのがおすすめです。私もこの回避案を使っています。

 

私は通常プランで契約しているんですが、自宅では光回線を使っているので、通常プランでも特に通信量で困った経験はありません。

 

固定回線を利用する回避案は、特に通常プランの方に有効な対策と言えます。

 

 

それでも速度制限にかかったら?

速度制限にかかってもギガ放題なら1Mbpsの速度は出るので、特にストレスなくインターネットは利用できると思います。

 

ただ、ギガ放題の人でどうしても高速通信がしたい人、あるいは通常プランで128kbpsの速度制限がかかった人のために、以下の解決法も紹介しておきます。

 

  • au Wi-Fi SPOTを利用する
  • 無料のWi-Fiスポットを利用する
  • ケータイのテザリングを使う

 

au Wi-Fi SPOTはWiMAX2+を契約しているユーザーなら、誰でも無料で利用できるWi-Fiサービスです。

 

スターバックス、タリーズ、ドトールといったカフェの他に、

 

  • 鉄道、バス、空港
  • コンビニ、レストラン
  • デパート、ショッピングモール
  • アミューズメントパーク

 

などでも無料でWi-Fiを利用できます。

 

もし普段からカフェなどに行っている人なら、いざという時にau Wi-Fi SPOTを使ってもいいかもしれませんね。

 

 

 

GMOとくとくBB WiMAX2+の速度制限についてのまとめ

 

今回はGMOとくとくBB WiMAX2+について、以下の3つの速度制限について解説してきました。

 

  • ギガ放題プランで3日間で10GB使うことで1Mbpsに制限
  • 通常プランで月に7GB使うことで128kbpsに制限
  • au 4G LTEを使った月に7GB(4G LTEとWiMAX2+の合計通信量)使うことで128kbpsに制限

 

この3つの速度制限について解説しましたが、基本的にギガ放題の人はそこまで気にしないで大丈夫です。

 

1Mbpsであればインターネットは普通に使えますし、YouTubeなども標準画質くらいであれば問題なく観られます。

 

よほど通信量を使う人でない限り、ギガ放題の速度制限はあってないようなものと考えて大丈夫でしょう。

 

これからギガ放題でとくとくBBを申し込もうと考えている人は、安心して申し込んでくださいね♪

 

逆に通常プランは128kbpsという超低速の速度制限がありますが、動画を観ない人であれば通常プランでも十分だと思います。私自身、通常プランで間に合ってますし。

 

この辺はあなたのライフスタイルで料金プランを選んでみてくださいね。

 

ということでGMOとくとくBBの速度制限についてのまとめでした。

 

\高額キャッシュバック実施中!/

 

 

ギガ放題プランと通常プランの料金の違いについてはこちら