GMOとくとくBB Wimax2+の評判|3つの悪い口コミを皆気にしすぎ?

GMOとくとくBBの評判を調べたところ…

 

 

GMOとくとくBB評判って気になりますよね。私も申し込み時には口コミをとにかく調べまくっていました。

 

  • 本当にみんな満足してるのかな?
  • 悪い口コミとかないのかな?

 

私自身疑い深い性格なので、悩みに悩んでようやくGMOとくとくBBを契約したことを覚えています(^-^;

 

では実際のところGMOとくとくBBの評判はいいんでしょうか?

 

今回の記事ではネット上の良い口コミ・悪い口コミを元に、GMOとくとくBBの評判について情報をまとめてみました。

 

契約してから「失敗した…」とならないためにも、ぜひ今回の内容をチェックしてくださいね!

 

 

 

 

GMOとくとくBBの評判|皆が気にしてる3つの悪い口コミとは?

 

では実際にGMOとくとくBBの口コミを紹介していきます。

 

 

悪い口コミ

よく言われていることですが、キャッシュバックの受け取りがやはり面倒でした。

 

11ヶ月後にキャッシュバック申請っていうのもうっかりすると忘れそうですし、申請案内のメールも他のメールに埋もれやすいんですよね。

 

私はキャッシュバックしてもらえたからいいんですが、もらい損ねる人が多いのも納得でした。

毎回というわけではないんですが、時々速度が異常に遅いことがあります。

 

ホームページが見られなかったり、動画が固まったりするのでストレスを感じます。

何のためのサポートセンターなんでしょうか?電話をしてもいつも繋がりません。

 

待たされてる間も通話料がかかるので非常にもったいないです。

 

繋がったら繋がったで今度は新人っぽいオペレーターの対応でとてもストレスが溜まりました。

 

 

悪い口コミから分かったこと

 

GMOとくとくBBは全体的には評判が良かったものの、一部では先ほど紹介したような口コミがあったのも事実です。

 

ではどういった内容の口コミが多かったのかと言いますと、主に次の3つの内容が多い印象でした。

 

  • キャッシュバックの手続きが面倒
  • 速度が遅い
  • サポートセンターに繋がらない

 

そして、この中でも圧倒的に多かったのが「キャッシュバックの手続きが面倒」という内容です。

 

 

キャッシュバックは本当に面倒なのか?

 

「キャッシュバックが面倒」という声が圧倒的に多かったわけですが、実際はそこまで面倒ではありません。

 

もちろんキャッシュバックの手続きでは以下のような面倒な部分があるのも確かです。

 

  • 契約して11ヶ月後に手続きする必要がある
  • キャッシュバック申請の案内メールを見逃してはいけない

 

ですが、ちゃんと案内に従って手続きをすれば、キャッシュバックは問題なくもらえます。

 

 

やはり何もメモしておかないと間違いなく忘れるので、確実にキャッシュバックを受けるためにもスマホのカレンダーなどにメモしておきましょう!

 

 

「速度が遅い」という声について

 

キャッシュバックに対する不満ほどではないですが、「速度が遅い」という不満の声も一部ではありました。

 

ただ、速度の遅さについてはGMOとくとくBBの問題ではなく、回線を管理しているUQWiMAXの問題と言えます。

 

なので、速度に対する不満はGMOとくとくBB以外にも、BIGLOBEや@niftyといったプロバイダーでもあるはずです。

 

ただ、この「速度が遅い」という口コミについては古い情報のものも含まれています。

 

速度については管理元のUQWiMAXも改善を繰り返しているので、速度について満足しているという声も最近では多いです。

 

 

もちろん使用するエリアだったり、時間帯などによって速度は変わりますが、全体的には問題なく使えるレベルの速度だと考えてもらって問題ありません。

 

 

「サポートセンターに繋がらない」という声について

 

最後に「サポートセンタに繋がらない」という声についてですが、これは仕方ない部分かもしれませんね…

 

GMOとくとくBBは契約者数が多い分、サポートセンターへの問い合わせもどうしても多くなってしまい、電話が繋がりにくくなってしまいます。

 

これは人気サービスの宿命かもしれませんね。

 

例えば楽天カードなんかも契約者数が多いですが、やはり「サポートセンターに繋がらない」という声は一定数います。

 

GMOとくとくBBも楽天カードと同じようにサポートセンターに繋がりにくくなってしまうのは仕方ないということなんですね。

 

ただ正直なところ、サポートセンターにお世話になることはほとんどないと考えてもらって大丈夫です。

 

私自身、GMOとくとくBBを契約してからサポートセンターにお世話になったことはありませんし、何か気になることがあったら会員専用ページの「BBnavi」でほとんど解決してしまいます。

 

そもそもサポートセンターを利用する機会がほとんどないので、サポートセンターの問題は特に気にしないで問題ないでしょう。

 

 

悪い口コミについてのまとめ

 

3つの悪い口コミについて解説しましたが、長くなりましたので最後に簡単にまとめます。

 

  • キャッシュバックの手続きが面倒 ⇒ 順番に手続きしていけば問題なくキャッシュバックはもらえる
  • 速度が遅い ⇒ 速度改善も繰り返しているので使用していても特に問題ないレベル
  • サポートセンターに繋がらない ⇒ サポートセンターはほとんど利用しないので特に問題ない

 

悪い口コミについては特に大きな問題ではないことがわかりました。

 

 

良い口コミ

 

 

 

料金で選んだんですが正解でした。

 

正直あまりに安かったので最初は心配でしたが、使ってみてまったく問題なかったので安心しました。

 

速度が遅いとか感じたこともなく、契約して良かったと思います。

ネットが快適に繋がるので非常に満足しています。料金も手ごろで家計を圧迫することもなく助かっています。

たしかにキャッシュバックはややこしいかもしれませんが、手順通り手続きをすればちゃんとキャッシュバックはもらえます。

 

キャッシュバックのおかげでトータルではかなりお得です。

料金が安くて、動画もサクサク観られて満足しています。高額キャッシュバックにつられて申し込んだんですが、結果的に申し込んで正解でした。

有線の方がもちろん速度は速いですが、とくとくBBでも十分速いです。ストレスなくネットが使えます。

 

有線と比べるとやはり料金は安いので、料金と速度のバランスを取ってとくとくBBを選びました。

 

 

 

GMOとくとくBBで速度が遅い場合の原因について

 

基本的には「速い」「問題なく使える」といった声が多いGMOとくとくBBですが、一部では「遅い」という声も目にします。

 

ではどういった時に速度が遅くなってしまうのでしょうか?詳しく見ていきましょう!

 

 

どういう時に速度が遅い?

まず速度が遅い原因として一番考えられるのが、電波が悪い時です。

 

家の中にいても電波がいい場所・悪い場所というのはどうしても分かれてきます。

 

もし電波が悪くて速度が遅くなっているのでしたら、窓の近くに端末を持って行くといいでしょう。

 

シンプルな方法ですが窓の近くに端末を持って行くだけで、電波が改善されてスムーズにネットが繋がるケースも多いですよ(^^♪

 

 

速度制限で遅くなることも

次に気を付けたいのが速度制限ですね。

 

GMOとくとくBBでWiMAX2+を利用する場合、料金プランや通信モードによって次の3つのケースで速度制限がかかります。

 

状況 速度制限
通常プランで月7GBの通信料を超えた時 月末まで128kbpsに制限
ギガ放題で直近3日間の通信料が10GBを超えた時 10GBを超えた翌日の18時~翌々日の2時まで最大1Mbpsに制限
ハイスピードプラスエリアモードで通信料(WiMAX2+とau 4G LTEの合計)が月7GBを超えた時 月末まで128kbpsに制限

 

ハイスピードプラスエリアプラスモードとは?

WiMAX2+のエリア外や電波の弱い場所で、au 4G LTEの回線を利用して通信ができるモードです。

 

料金は3年契約なら無料、2年契約なら月1,005円かかります。ただし、月に1回も使用しなければ料金はかかりません。

 

ちなみにギガ放題でもハイスピードプラスエリアモードで月7GBを超えた場合は、月末まで128kbpsに速度制限されるので注意が必要です。

 

参考:GMOとくとくBBのハイスピードプラスエリアモードって…実は不要?

 

 

10GBってどれくらいで到達する?

 

仮にギガ放題を契約したとして、速度制限のかかる10GBはどれくらい利用すれば達してしまうのでしょうか?

 

以下に10GBの目安をまとめてみました。

 

10GBの目安
スマホ パソコン
ウェブ閲覧 30,000回 4,000回
テキストメール(500文字) 65万通 30万通
YouTube 超高画質 7時間
高画質(HD) 13時間
標準画質(SD) 47時間
低画質 83時間

 

やはり注意したいのはYouTubeなどの動画閲覧ですね。

 

特にパソコンの場合は高い画質で観ることが多いと思うので、そうなるとすぐに10GBに達してしまいます。

 

パソコンでの動画視聴は特に注意しましょう!

 

ちなみにスマホであれば標準画質でも問題なく観られるレベルなので、よほど動画漬けの毎日を送っていない限り、10GBに達することはないと考えて大丈夫です。

 

 

速度制限がかかるとどれくらい不便?

 

では仮に速度制限がかかったとして、128kbpsと1Mbpsになるとどれくらい不便になるのでしょうか?

 

以下に128kbpsと1Mbpsでできることについてまとめてみました。

 

128kbps 1Mbps
YouTube


標準画質なら視聴可能

ウェブ閲覧


表示までに数十秒

メール、LINEなど

 

128kbpsではメールくらいしかまともに使えません。つまり、128kbpsではネットがほぼ使えないと言っていいでしょう。

 

通常プランおよびハイスピードプラスエリアモードでは、通信料の上限を超えると128kbpsに制限されてしまうので注意が必要です!

 

それに対して1Mbpsであればとりあえずネットは問題なく使えるレベルと言えます。

 

ギガ放題の場合、この1Mbpsの制限がかかる可能性はありますが、たとえ制限がかかったとしても特に問題はないということですね。

 

また、ギガ放題の速度制限は内容的にもそこまで厳しいものではありません。

 

  • 速度制限がかかるのは18時~2時の8時間のみ
  • 回線が混雑している時のみ速度制限がかかる

 

なので、ギガ放題の速度制限については、あってないようなものと捉えてもらって大丈夫です。

 

 

その他の速度が遅い原因

 

これまで速度が遅い原因として、

 

  • 電波状況が悪い
  • 速度制限がかかってる

 

の2つについて詳しく解説しましたが、その他にも速度が遅くなる原因があります。例えば以下のような原因がそうですね。

 

  • そもそもエリア外
  • WiMAX2+ではなくWiMAXを使っている
  • 他の電波と干渉して電波障害を起こしている
  • パソコンなどの通信機器の問題
  • Windows Vista、7、8の省電力機能の影響

 

これらの原因についてはそこまで問題になるものではありません。

 

基本的には自分の地域がWiMAX2+の対象エリアなのかを確認して使っていれば、問題はないかと思います。

 

ただ、速度が遅くなるその他の原因についても気になる方は、別記事で解説していますので参考にしてみてください。

 

参考記事

 

 

GMOとくとくBBの速度についてのまとめ

GMOとくとくBBのWiMAX2+で速度が遅くなる原因についてはいくつか紹介してきましたが、特に押さえておきたいのはやはり次の2つですね。

 

  • 電波状況が悪い
  • 速度制限がかかってる

 

家の中だと電波状況が悪い場合があるので、WiMAX2+の端末を窓の近くに持って行くなどして調節してみてくださいね。

 

また、速度制限についても自分に合ったプランを選んで、動画の観すぎなどに注意すれば特に問題ないと思います。

 

他にもいくつかの速度が遅くなる原因を挙げましたが、基本的にWiMAX2+のエリア内であれば特に問題はないでしょう。

 

エリアについてはGMOとくとくBBの公式サイトでチェックできますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

 

 

 

GMOとくとくBBではどの料金プランを選ぶべきか?

 

次にGMOとくとくBBでどの料金プランを選ぶかについて解説していきます。

 

この料金プランについては特に悩む部分だと思います。内容が複雑で私自身もかなり悩みましたからね … ^^;

 

まず、料金プランを絞り込んでいくには以下の3つを検討していく必要があります。

 

  • 2年契約と3年契約のどちらにするか
  • ギガ放題プランと7GBプランのどちらにするか
  • キャッシュバックを受け取るか受け取らないか

 

上から順番に検討していけば、あなたに合った料金プランがスムーズに決まると思います。

 

では1つずつ見ていきましょう!

 

 

絞り込み①:2年契約と3年契約のどちらにするか

まず2年契約と3年契約のどちらにするかですが、基本的には2年契約をおすすめします。

 

というのも3年契約の場合、以下のようなデメリットがあるからです。

 

3年契約のデメリット
  • 長期契約なので解約がしづらい
  • 解約するにも違約金がかからない月は3年に1度しか来ない
  • 3年間同じ機種を使うので、バッテリーが劣化したり最新機種と差がついたりする
  • キャッシュバックありを選択した場合、2年契約と3年契約で月額料金に差はない(キャッシュバックで差がつくだけ)

 

やはり3年縛りというのはハードルが高いかなと思います…

 

ということで特にこだわりがなければ、2年契約の方がいいでしょう。

 

ただし、3年契約がまったくメリットがないわけではありません。3年契約には以下のようなメリットもあります。

 

3年契約のメリット
  • 月1,005円(税抜)のハイスピードプラスエリアモードが無料で使える

 

ハイスピードプラスエリアモードは、WiMAX2+のエリア外や電波の悪い場所で、au 4G LTEの回線を使って通信するモードです。

 

実際にあなたの住んでいる地域のWiMAX2+エリア状況を公式サイトで調べてみて、もしWiMAX2+のエリア対象外、あるいはエリア内だけど怪しいのであれば、ハイスピードプラスエリアモードは役に立つかもしれません。

 

ただ、やはり3年縛りというのはよく考えてから契約してくださいね。

 

2年契約と3年契約の違いについてはこちら

 

 

絞り込み②:ギガ放題プランと7GBプランのどちらにするか

 

次にギガ放題プランと7GBプランのどちらにするかについてです。

 

これについてはあなたがどれくらいインターネットを利用するのかで選ぶといいでしょう。

 

  • 動画をたくさん観る予定か?
  • 外出先などでも頻繁に使う予定はあるか?
  • 家族など複数人で使うかどうか?

 

こういった部分をよく考えて、ギガ放題プランにするか7GBプランにするかを検討してみてください。

 

ちなみに7GBが基準になりますので、7GBの通信料目安をまとめてみました。

 

7GBの目安
スマホ パソコン
ウェブ閲覧 21,000回 2,800回
テキストメール(500文字) 46万通 21万通
YouTube 超高画質 5時間
高画質(HD) 9時間
標準画質(SD) 33時間
低画質 58時間

 

ギガ放題プランにするか7GBプランにするかを決めるカギは動画の視聴ですね。

 

動画をよく観る人であれば7GBはすぐに超えてしまいます。そういった方はギガ放題プランの方がおすすめです。

 

7GBプランを選んで速度制限がかかったら、128kbpsというホームページすらまともに見られない速度になってしまいますからね…

 

逆に動画は特に観る予定がないという人は7GBプランでも問題ないでしょう。

 

私自身7GBプランを契約していますが、外で仕事をする時くらいしかWiMAXを使わないので、7GBでもまったく問題ありません。

 

ということで、あなたのライフスタイルに合わせて通信量のプランを選択してみてください。

 

料金プランの違いについてはこちら

 

 

絞り込み③:キャッシュバックを受け取るか受け取らないか

 

最後にキャッシュバックを受け取るか受け取らないかを決めましょう。

 

キャッシュバックの有無によって月額料金も変わってきます。

 

  • キャッシュバックあり … 月額料金は高くなるが、キャッシュバック額が大きいのでトータルではキャッシュバックなしよりお得。
  • キャッシュバックなし … キャッシュバックがないのでトータルではキャッシュバックありに負ける。その代わり月額料金が安い。

 

トータルでお得なのはキャッシュバックありですが、キャッシュバックありは手続きが必要なのでその点だけ注意してください!

 

逆にキャッシュバックなしはトータルでのお得感はキャッシュバックありに負けます。

 

ただ、キャッシュバックなしなら面倒なキャッシュバック手続きありませんし、契約後すぐにお得な割引を受けられるのもメリットです。

 

参考記事

 

私自身もキャッシュバックなしを選んだんですが、やはり面倒な手続きがなかったのがありがたかったですし、何より毎月の料金が割引になったのが非常に助かりました。

 

(GMOとくとくBBを申し込んだ時は、少しでも生活費を削らなければならなかったんです…汗)

 

この辺はあなた自身の基準でキャッシュバックの有無を選んでみてください。

 

キャッシュバックありがおすすめな人
  • 多少面倒でもキャッシュバック手続きをしてトータルで得したい人

 

キャッシュバックなしがおすすめな人
  • キャッシュバック手続きが面倒な人
  • 月額料金を安く抑えたい人

 

では次からは、

 

  • 2年契約か3年契約
  • ギガ放題プランか7GBプラン
  • キャッシュバックの有無

 

などの違いによる料金の違いを見ていきます。

 

 

実際の月額料金の違い

では月額料金の違いを契約するプランごとに見ていきましょう。

 

 

2年契約でギガ放題プランの場合の月額料金
キャッシュバックあり キャッシュバックなし
初期費用 3,000円 3,000円
端末発送月 3,609円の日割料金 2,590円の日割料金
1~2ヶ月目 3,609円 2,590円
3~24ヶ月目 4,263円 3,344円
25ヶ月目~ 4,263円 4,263円
2年間の合計 107,613円 84,338円

 

 

 

 

2年契約で7GBプランの場合の月額料金
キャッシュバックあり キャッシュバックなし
初期費用 3,000円 3,000円
端末発送月 3,609円の日割料金 2,590円の日割料金
1~2ヶ月目 3,609円 2,590円
3~24ヶ月目 3,609円 2,690円
25ヶ月目~ 3,609円 3,609円
2年間の合計 93,225円 69,950円

 

 

3年契約でギガ放題プランの場合の月額料金
キャッシュバックあり キャッシュバックなし
初期費用 3,000円 3,000円
端末発送月 3,609円の日割料金 2,170円の日割料金
1~2ヶ月目 3,609円 2,170円
3~36ヶ月目 4,263円 3,260円
37ヶ月目~ 4,263円 4,263円
3年間の合計 158,769円 120,350円

 

 

3年契約で7GBプランの場合の月額料金
キャッシュバックあり キャッシュバックなし
初期費用 3,000円 3,000円
端末発送月 3,609円の日割料金 2,170円の日割料金
1~2ヶ月目 3,609円 2,170円
3~36ヶ月目 3,609円 2,690円
37ヶ月目~ 3,609円 3,609円
3年間の合計 136,533円 100,970円

 

 

 

GMOとくとくBBのキャッシュバック金額の違いについて

 

 

次にキャッシュバックの金額について解説していきます。

 

うっかりしててキャッシュバックをもらい損ねている人も確かにいるので、しっかり内容をチェックしてみてくださいね。

 

 

キャッシュバック金額はルーターの種類や契約年数で異なる

 

まずキャッシュバックの金額はルーターの種類や契約年数などで異なるので内容をチェックしておきましょう。

 

機種 2年契約 3年契約
Speed Wi-Fi NEXT W05 ルーターのみ 32,500円 42,000円
クレードルセット 29,500円 40,000円
Speed Wi-Fi NEXT W04 ルーターのみ 34,000円 42,000円
クレードルセット 31,000円 39,000円
Speed Wi-Fi NEXT WX04 ルーターのみ 41,000円
クレードルセット 39,000円
Speed Wi-Fi HOME L01s 32,500円 34,500円

※キャッシュバック金額は時期によって異なります

 

「結局どれを選べばいいの?」

 

と思われるかもしれませんね。基本的には以下の3つをおすすめします。

 

  • 最新機種のSpeed Wi-Fi NEXT W05
  • ルーターのみ
  • 2年契約

 

機種は最新機種のSpeed Wi-Fi NEXT W05がおすすめ

まず機種は最新機種のSpeed Wi-Fi NEXT W05がおすすめです。

 

 

2年契約ではSpeed Wi-Fi NEXT W05のキャッシュバック額は最高額ではありませんが、キャッシュバック額はそこまで大きく違いません。

 

それに最新機種の方がやはり性能もアップしていますからね。

 

クレードルは不要

次にクレードル(充電台)についてですが、特に必要はないと思います。

 

 

クレードルがなくても充電はできます。私自身クレードルを持っていませんが、特に不自由に感じたことはありません。

 

それにクレードルを付けることでキャッシュバック額が減るので、やはり不要かなと思います。

 

クレードルについての解説記事

 

2年契約がおすすめ

最後に契約は2年契約がおすすめです。

 

契約については「2年契約と3年契約の違い」のところで話しましたが、3年契約は以下のようにデメリットが多いです。

 

  • 解約がしにくい
  • 3年に1回の解約月以外は違約金がかかる
  • 同じ機種を使い続けるのでバッテリーの持ちが悪くなる
  • 最新機種に遅れを取る
  • 月額料金に差がない

 

3年契約はハイスピードプラスエリアモードが無料(通常は税抜1,005円/月)で使えるというメリットもありますが、これは正直ほとんど使わないと思います。

 

結局2年契約の方がおすすめです。

 

2年契約と3年契約の違いについてはこちら

 

 

キャッシュバックを含めた実質的な月額料金を比較

キャッシュバックを受け取ることで月額料金がどれくらいお得になるのかを見ていきましょう。

 

ここでは多くの人が契約するであろう条件として、

 

  • 最新機種のSpeed Wi-Fi NEXT W05
  • クレードルなし

 

で比較してみました。

 

2年契約での実質料金
ギガ放題プラン 7GBプラン
初期費用 3,000円 3,000円
端末発送月 3,609円の日割料金 3,609円の日割料金
1~2ヶ月目 3,609円 3,609円
3~24ヶ月目 4,263円 3,609円
2年間の合計 107,613円 93,225円
キャッシュバック 32,500円 32,500円
2年間の実質料金 75,113円 60,725円
月平均 3,005円 2,429円

 

3年契約での実質料金
ギガ放題プラン 7GBプラン
初期費用 3,000円 3,000円
端末発送月 3,609円の日割料金 3,609円の日割料金
1~2ヶ月目 3,609円 3,609円
3~36ヶ月目 4,263円 3,609円
3年間の合計 158,769円 136,533円
キャッシュバック 42,000円 42,000円
3年間の実質料金 116,769円 94,533円
月平均 3,156円 2,555円

 

結局のところ2年契約の方がお得ということなんです。

 

実質的な月の平均料金の比較
ギガ放題プラン 7GBプラン
2年契約 3,005円 2,429円
3年契約 3,156円 2,555円

 

このように比較してしまうと、3年契約はあまりメリットが感じられませんね。解約もしづらいですし … ^^;

 

ということで改めておすすめのキャッシュバック条件をまとめておきます。

 

  • 最新機種のSpeed Wi-Fi NEXT W05を
  • クレードルなしのルーターのみ
  • 2年契約

 

契約の際の参考にしてみてくださいね。

 

 

他社と比較してもGMOとくとくBBのキャッシュバックはお得!

実は他社と比較してもGMOとくとくBBのキャッシュバックは高額でお得なんですよ!

 

実際に2年契約と3年契約でキャッシュバックを比較してみましょう。※ここでは最新機種のW05で比較

 

2年契約のキャッシュバック比較
キャッシュバック額 キャッシュバック分を引いた実質的な2年間の料金
ギガ放題 7GBプラン
GMOとくとくBB 32,500円 75,113円 60,725円
3WiMAX 0円 93,290円 79,320円
@nifty 0円 101,690円
BIGLOBE W05はキャッシュバック対象外

 

2年契約ではGMOとくとくBBのキャッシュバック額が最高額であり、2年間の実質的な料金でも最安値でした。

 

対する他社は3年契約を推しているのか、2年契約でキャッシュバックを行っている会社は少ないです。

 

さらに2年契約でキャッシュバックを実施している会社でも、最新機種のW05はキャッシュバックの対象外となっていました。

 

これを踏まえると、最新機種の2年契約でもキャッシュバックがもらえるGMOとくとくBBは、非常にメリットが大きいですよね♪

 

 

3年契約のキャッシュバック比較
キャッシュバック額 キャッシュバック分を引いた実質的な3年間の料金
ギガ放題 7GBプラン
GMOとくとくBB 42,000円 116,769円 94,533円
@nifty 30,000円 123,890円 101,450円
BIGLOBE 30,000円 129,310円 106,020円
So-net 0円 128,060円 105,860円
Broad WiMAX 0円 134,352円 111,062円
UQ WiMAX W05ではキャッシュバックなし

 

3年契約になるとキャッシュバックの対象となる会社も増えますね。

 

ただ、3年契約でもやはりGMOとくとくBBはキャッシュバック額が最高額ですし、3年間の実質料金でも最安値となっています。

 

ということで2年契約でも3年契約でもGMOとくとくBBが一番お得であることがわかりました。

 

GMOとくとくBBを申し込んで損することはまずないので、安心してくださいね(^^♪

 

 

 

 

GMOとくとくBBの具体的なキャッシュバックの方法

 

では次に多くの人が気になっているキャッシュバックの方法について解説していきます。

 

順番通りに手続きをすればキャッシュバックはもらえますが、一部ではキャッシュバックをもらい損ねている人がいるのも事実なので、しっかりチェックしてくださいね!

 

まず、おおまかなキャッシュバックの流れを簡単にまとめてみました。

 

  1. GMOとくとくBBを申し込む
  2. いつがキャッシュバックの手続き月なのかを忘れずメモしておく
  3. キャッシュバックの案内メールが届いたら受け取りの手続きをする
  4. 指定の銀行口座にキャッシュバックされる

 

では順番に見ていきましょう!

 

 

手順①:GMOとくとくBBを申し込む

まずは公式サイトでGMOとくとくBBを申し込みます。

 

プランや機種などの入力間違いがないように、しっかりと内容を確認してから申し込みましょう!

 

 

手順②:いつがキャッシュバックの手続き月なのかを忘れずメモしておく

 

キャッシュバックをもらい損ねている人は、気付いたらキャッシュバック手続きの期限を過ぎていた傾向が多いです。

 

なのでキャッシュバックの手続きをする時期をあらかじめスマホのカレンダーなどにメモしておきましょう!

 

ちなみにキャッシュバックの手続きをする時期は、「端末発送月を含む11ヶ月目」となっています。つまりこういうことです。

 

端末発送月 手続き月 端末発送月 手続き月
1月 11月 7月 5月
2月 12月 8月 6月
3月 1月 9月 7月
4月 2月 10月 8月
5月 3月 11月 9月
6月 4月 12月 10月

 

ここで注意したいのが「端末発送月」という部分ですね。

 

この端末発送月は文字の通り端末が発送された月のことなので、端末が届いて利用を開始した月のことではありません。

 

なので例えば、月末に端末が発送された場合は注意が必要です。

 

  • 1/31に端末が発送
  • 2/4に端末が届いて利用開始

 

上記の例では1月が端末発送月になります。

 

もし不安な方は会員ページのBBnaviでも端末発送月の確認はできます。

 

 

「BBウォレット・ご請求明細の確認」をクリックすると次のような請求履歴の画面が出てきます。

 

 

請求履歴のうち一番古い月が利用開始月となり、それがつまり端末発送月ということになります。

 

この端末発送月を元にキャッシュバック手続きの月を明らかにし、キャッシュバックの手続き月を忘れずにメモしておきましょう!

 

 

手順③:キャッシュバックの案内メールが届いたら受け取りの手続きをする

キャッシュバック手続きの月になりましたら、いよいよ手続きをしていきます。

 

キャッシュバックの手続きはBBnaviのWEBメールから可能です。

 

 

赤枠で囲った部分をクリックすると以下のようなログイン画面が出てきます。

 

 

ここにメールアドレス(申し込み時に決めたもの)とパスワードを入力することで、キャッシュバックの案内メールを確認することができます。

 

ちなみにメールアドレスとパスワードは、GMOとくとくBB申し込み後に郵送される「登録証」というものに記載されています。

 

 

登録証にはメールアドレスとパスワードのほか、BBnaviのログイン情報も記載されてるので、登録証を失くしてしまうとメールボックスが開けないのはもちろん、BBnavi自体にログインできなくなってしまうので注意しましょう!

 

登録証は再発行もできますが、手数料として300円(税抜)がかかりますので注意してくださいね。

 

無事メールボックスにログインできたらキャッシュバックの案内メールを開き手続きを進めていきましょう!

 

  1. キャッシュバックの案内メールを開く
  2. メールに記載されている手続き専用ページのURLをクリックする
  3. 手続き専用ページで口座情報を入力する

 

以上、数分程度の簡単手続きで完了しますよ。

 

ちなみに口コミでは「メールが大量に送られてきてキャッシュバックの案内メールが埋もれる」という声が多かったんですが、これは申し込み時の設定で簡単に回避できます。

 

 

「お知らせメールを受け取る」のチェックマークを外せば、キャッシュバックの案内メールが埋もれることもなくなりますね(^^♪

 

 

手順④:指定口座にキャッシュバックされる

無事手続きが完了すれば、翌月末の営業日に指定した口座にキャッシュバックされます。

 

3万円以上の高額キャッシュバックなので振り込まれるのが待ち遠しいですね♪

 

 

キャッシュバックの手順おさらい

では最後にこれまで説明してきたキャッシュバックの手順をおさらいします。

 

  1. GMOとくとくBBを申し込む
  2. キャッシュバックの手続き月を忘れずメモしておく
  3. キャッシュバックの案内メールに従って手続きを進める
  4. 手続き完了の翌月末の営業日にキャッシュバックされる

 

とにかく11ヶ月後のキャッシュバック手続きを忘れないように、あらかじめスマホのカレンダーなどにメモしておくといいでしょう。

 

ぜひお得なキャッシュバックを忘れず受け取ってくださいね♪

 

 

 

GMOとくとくBBの解約や違約金についてもチェック!

 

GMOとくとくBBの解約や違約金についても気になる内容だと思います。

 

  • 解約条件は厳しくないのか?
  • 違約金がかからないように解約するには?

 

こういった内容は気になりますよね。

 

ということでGMOとくとくBBの解約について詳しく見ていきましょう!

 

 

違約金を取られないためには契約更新月に解約

 

まず、これは聞いたことがあるかもしれませんが、GMOとくとくBBでは契約更新月というものがあり、解約時に違約金を取られないためには契約更新月に解約をする必要があります。

 

契約更新月は2年契約では2年に1回、3年契約では3年に1回やってきます。このタイミングを逃すと違約金を取られてしまうので注意が必要です!

 

では契約更新月はいつなのか?ということですが、以下のようになっています。

 

  • 2年契約 … 25ヶ月目(以後24ヶ月ごと)
  • 3年契約 … 37ヶ月目(以後36ヶ月ごと)

※端末の発送月が0ヶ月目

 

イメージとしてはこんな感じです。

 

2年契約の解約スケジュール

 

3年契約の解約スケジュール

 

ちなみに気になる違約金ですが、キャッシュバックのあり・なしによって以下のように異なります。

 

キャッシュバックあり キャッシュバックなし
0ヶ月目(端末発送月)~12ヶ月目 24,800円 19,000円
13ヶ月目~24ヶ月目 14,000円
25ヶ月目~ ※契約更新月を除く 9,500円 9,500円
契約更新月 0円 0円

※税抜料金

 

キャッシュバックありの違約金は特に高額なので注意しましょう!

 

 

解約の手続きは20日締めなので注意!

 

ちなみに実際に解約をする際、解約の手続きは月末締めではなく20日締めなので注意しましょう!

 

(例)12月が契約更新月の場合

11月21日~12月20日に解約手続きをすれば違約金は取られない。

 

12月21日以降の解約は契約更新月の翌月扱いになるので違約金が取られる。

 

このように月末締めではないので注意が必要です。

 

ちなみに解約は以下の方法で行えます。

 

 

20日を過ぎないよう余裕を持って解約手続きを済ませましょう!

 

 

GMOとくとくBBは初期契約解除が可能

GBOとくとくBBでは初期契約解除というものがあります。クーリングオフのようなものですね。

 

端末が到着した日から8日以内に以下のものを揃えて送ることで、違約金なしでかつ端末代金の請求もなく解約ができます。

 

  • WiMAX 2+の端末セット一式
  • 初期契約解除書面

 

ちなみに初期にかかる事務手数料3,000円(税抜)と郵送の際の送料は自己負担となります。

 

これは当然ですよね。明らかに契約した人に落ち度があるので。

 

初期契約解除ついて関連記事

 

 

20日以内なら違約金なしでキャンセルできる

ちなみにGMOとくとくBBでは、条件を満たせば20日以内なら違約金なしでキャンセルができる制度が設けられています。

 

その条件というのがピンポイントエリア判定で○判定であるということです。

 

ピンポイントエリア判定とは?

住んでいる地域がWiMAXの対象エリアかを判定できるサービスです。

  • △~○
  • 圏外

の4段階で繋がりやすさを判定。 ○が一番通信しやすい判定です。

 

エリア判定はこちらでできます。

 

○判定でキャンセルを申し込むということは、

 

「せっかく○判定で申し込んだのに繋がりが悪かった」

 

こういう状況と言えます。

 

つまりユーザーには何の落ち度もないので、違約金なしでキャンセルできて当然ですよね。

 

ただし、キャンセルは電話でのみ可能で、電話も有料通話のナビダイヤルなので注意してくださいね。

 

  • 連絡先:0570-045-109(平日10時~19時)

 

それからキャンセルの際は端末の返送が必要ですが、この時の返送料は自己負担になるので注意してください。

 

こういうところはちゃっかりしてますよね … (^-^;

 

もしキャンセルする際はご注意を!

 

20日以内のキャンセルについて関連記事

 

 

その他解約についてのQ&Aまとめ

解約時にSIMカードも返却する?

解約の翌月末までにSIMカードも返却する必要があります。返却し忘れると3,000円(税抜)の請求が来るので注意してください。

端末は返却しないといけない?

端末を返却する必要はありません。お住いの地域のごみ分別ルールに従って処分してください。

 

ただし、「初期契約解除」「20日以内のキャンセル」の場合は端末を返却する必要があります。

解約手続き後はいつまで使える?

解約月の月末まで使うことができます。

 

(例)4月21日~5月20日の間に解約した場合は、5月31日まで使用可能。

解約したら料金は日割になる?

料金は日割にはなりません。1ヶ月分が請求されます。

 

ただし、20日以内のキャンセル制度を利用して解約する場合は、申し込み日から月末までの日割料金が請求されます。

 

参考:GMOとくとくBBの申し込みキャンセル|"20日以内"の条件に甘い罠!?

解約したらポイントはどうなる?

GMOとくとくBBのメールアドレスがGMO IDに設定されてる場合、ポイントは使えなくなってしまいます。

 

ただし、GMO IDを付け替えることで、ポイントを引き継ぐことができます。

 

 

 

GMOとくとくBBの入会~利用開始までの流れを確認

 

ここからはGMOとくとくBBの入会~利用開始までの流れを解説します。

 

 

①申し込みフォームで申し込み

まずはGMOとくとくBBの公式サイトにアクセスし、申し込みフォームで申し込みます。

 

申し込みフォームでは大きく次の2つが必要です。

 

  • 各種サービス等の選択
  • 個人情報の入力

 

各種サービス等の選択
選択項目 解説
機種と色 最新機種の方がやはり高スペックなのでおすすめです。色は好みで選びましょう。
契約年数 2年契約と3年契約が選べます。約9割の人が2年契約を選んでいます。
クレードル(充電台) なくても特に困りません。クレードルを付けるとキャッシュバックが3,000円ほど減ります。
料金プラン ギガ放題と通常プラン(7GB)が選べます。
安心サポート、安心サポートワイド 故障修理が無料になるのが安心サポート(月額税抜300円、最初の2ヶ月は無料)。水濡れも無料修理の対象になるのが安心サポートワイド(月額税抜300円、初月無料、2ヶ月目は税抜200円)。どちらかに必ず加入しなければなりませんが、無料期間中に解約もできます。
Wi-Fi(公衆無線LAN)接続オプション 月額362円(税抜)。WiMAX端末がなくても街中のWi-Fiスポットで電波を無料利用できます。必ず加入する必要がありますが、無料期間中に解約ができます。

 

 

個人情報の入力
入力項目 解説
個人情報 氏名、生年月日、住所、電場番号などを入力します。
希望メールアドレス とくとくBB会員に与えられる専用のメールアドレスです。このメールアドレスにキャッシュバックの案内が届きます。
メール受信設定 キャッシュバックの案内メールが埋もれないように、受信設定はOFFにした方がいいでしょう。
支払い方法 支払い方法はクレジットカードのみです。現金や口座引き落とし、デビットカードなどには対応していません。
端末の発送方法 通常発送(4営業日以内の発送)と即日発送が選べます。どちらの発送方法も無料です。

 

 

②端末の発送と受け取り

 

先ほどの「①フォームで申し込み」で通常発送か即日発送を選択しました。この発送方法によって端末が発送されます。

 

通常発送
  • 4営業日以内の発送

 

即日発送
  • 平日は15時30分、土日祝日は14時までに申し込めば当日に発送
  • 上記の時間を過ぎた場合は翌日の発送

 

どちらの発送方法でも送料無料です。

 

ちなみに配送業者は佐川急便となっていますが、配送日時は指定することができません。

 

仕事で家を空ける人は不在伝票が入ってしまう可能性があるので、再配達の際には確実に受け取れる時間帯を指定しましょう!

 

ちなみに話が変わりますが、初月の利用料金は端末到着日から日割で計算されます。

 

申し込み日からの日割り計算ではないので、

 

「即日発送にして少しでも早く端末を受け取らないともったいない」

 

ということもないので安心してくださいね。

 

通常発送と即日発送、自分の好きな方を選んでください。

 

 

③初期設定をして利用開始

 

端末が到着したら初期設定をすることですぐに利用を開始できます。

 

初期設定の具体的な手順については、公式サイトのこちらの動画が分かりやすいと思います。

 

 

初期設定の流れ
  1. 本体とICカードを用意
  2. ICカードを入れる
  3. 電源を入れる
  4. IDとパスワードを確認
  5. IDとパスワードをパソコンやスマホなどに設定
  6. 利用開始

 

難しい設定などは一切なく、必要最小限の設定ですぐに利用を開始することができますよ!

 

ちなみに機械音痴の私でもトラブルなくスムーズに設定できました(^^♪

 

 

 

GMOとくとくBB契約後にするべきこと

 

ここではGMOとくとくBBを契約した後にするべきことを解説します。大きくは次の2つをすることをおすすめします。

 

  • 不要なオプションの解約
  • キャッシュバックのためのメール転送設定

 

 

①不要なオプションの解約

 

GMOとくとくBBでは、申し込み時に次の2つのオプションに必ず申し込まなければなりません。

 

  • 安心サポートまたは安心サポートワイド
  • Wi-Fi(公衆無線LAN)接続オプション

 

これらのオプションって人によっては必要ないオプションなんですよね。

 

これらのオプションには無料期間が設けられているので、必要のない人は無料期間中に解約してしまいましょう!

 

 

安心サポートまたは安心サポートワイドの解約

 

安心サポート、安心サポートワイドは加入することで故障時に無料で修理が受けられるサービスです。

 

内容は以下のようになっていますが、不要な方は解約しましょう。

 

安心サポート 安心サポートワイド
補償内容 故障修理が無料 水濡れも無料修理の対象
料金
  • 1~2ヶ月目:無料
  • 3ヶ月目~:月額300円(税抜)
  • 1ヶ月目:無料
  • 2ヶ月目:月額200円(税抜)
  • 3ヶ月目~:月額500円(税抜)

 

ただし、解約の際には以下の注意点があります。

 

  • 最低利用期間が1ヶ月を経過しないと解約できない

 

これはつまり利用2ヶ月目以降でないと解約できないということです。

 

仮に安心サポートワイドを申し込んだ場合は、2ヶ月目の月額料金200円(税抜)が必ずかかることになります。

 

なので安心サポートワイドは本当に必要な人だけ申し込むようにしましょう。

 

必要ない人は安心サポートの方を申し込んで、2ヶ月目以降に忘れずに解約してくださいね。

 

安心サポートについての解説記事

 

 

Wi-Fi(公衆無線LAN)接続オプションの解約

 

Wi-Fi(公衆無線LAN)接続オプションは、街中のWi-Fiスポットでインターネットを利用できる月額362円(税抜)のサービスです。※最初の2ヶ月は無料

 

このサービスに加入すればWiMAXの端末がなくても、以下のマークのある施設でインターネットができます。

 

 

このオプションがどういう人に必要なのかと言いますと、通常プラン(7GB)を契約している人ですね。

 

通常プランを契約している人は普段は通信量を気にしないといけません。

 

しかし、公衆無線LANオプションに加入していれば、街中のWi-Fiスポットでネットを使っても通信量がカウントされないので、通信量を気にせずネットが使えます。

 

逆にギガ放題の人は通信量に制限がありませんから、このサービスは関係ありませんね。

 

なのでギガ放題の人、あるいは通常プランでも公衆無線LANオプションが必要ない人は、すぐに解約してしまいましょう!

 

ちなみに安心サポートのような解約条件は公衆無線LANオプションにはなく、とくとくBBを申し込んだらすぐに解約ができます。

 

不要な方はすぐに解約してしまいましょう!

 

公衆無線LANオプションについての解説記事

 

 

②キャッシュバックのためのメール転送設定

 

次にキャッシュバックのためのメール転送設定について紹介します。

 

このメール転送設定はキャッシュバックメールの確認漏れを防ぐためのものですね。

 

全員が設定する必要はありませんが、キャッシュバックの案内メールの確認漏れが心配な方は設定しておくといいでしょう。

 

メールの転送設定は会員サイトのBBnaviから行います。

 

 

ここに普段使っているメールアドレスを追加すれば、とくとくBBからのお知らせメールを転送してくれます。

 

メール転送の詳しい設定方法についてはこちら

 

メールの転送設定をしておくことで、大事なキャッシュバックの案内メールを見逃さずにすみますよ(^^♪

 

キャッシュバックの手続きが不安な方は、転送設定をしておくといいでしょう。